オンラインテキストエディター「Quill」と「紙copi NET」

モバイル端末を持っているとPCと同期することが必須である。
ところが最近携帯電話をメインにモバイルしていると、たまにPCと同期できるスマートフォンが欲しくなるときがある。
電車の中で仕事のメモを書いたり、思いついたアイデアをメモするときに携帯のメモ機能は貧弱過ぎて困る。。
最近では、ブログシステムをメモ代わりに非公開記事投稿するが誤って公開してしまう危険がありちょっと怖い。
iアプリでもメモアプリはあるが、勝手アプリの出来は酷く、シェアウェアもお金出すまでも無い感じがして使うまで行かない。
そんな中、個人的に期待するサービスが立ち上がった。
技術の「EDGE」に原点回帰–ライブドアが実験サイト公開
quill.to

 ライブドアは8月7日、実験サービスを公開するサイト「EDGE」を開設した。第1弾として「Quill」というメモツールが公開されている。
 第1弾サービスであるQuillは、ウェブブラウザで使えるメモツール。「メモを書く」「メモを見る」という基本機能を重視したシンプルな操作が特徴だ。公開設定機能でメモを複数のユーザーと共有することもできる。

こちらは現在携帯(iモード)から接続すると認証後に302エラーが表示され使用できない。残念だ。
「紙copi」開発者の洛西氏、ウェブ上でメモを残せる「紙copi NET」ベータ版を公開
kamicopi.net

 ブラウザで閲覧しているウェブサイトのクリッピングや自動保存機能のついたメモ機能などを提供するソフト「紙copi」。
 その紙copiの開発者である洛西一周氏が、同ソフトのウェブ版となる「紙copi NET」ベータ版を公開した。

 PCブラウザからの利用のほか、一般的な携帯電話やiPhone、プレイステーション・ポータブル(PSP)からも利用可能となっている。

こちらもCookieをONにしろと言われて利用できない。
フルブラウザで開くのは面倒だからiモードで利用できるようにして欲しい。それに端末認証でログインできるようにしてくれないと面倒。
まだまだらしいが期待したい。

カテゴリー: PDA, 携帯電話 パーマリンク