ロケーションベースサービス元年

携帯キャリア、ロケーションベースサービスに本腰

プライバシー問題などの障壁もあるが、モバイル業界は位置情報を利用したサービスに本腰を入れ始めた。(ロイター)

 今日の携帯電話では、組み込みGPSプロセッサとネットワークベースの基地局データにより、かなり具体的な位置情報が提供されるようになっている。これは将来性のある、極めて有望な機能だ。ユーザーの居場所に応じてエンターテインメント情報や広告など各種の情報を配信できるようになれば、商業的にさまざまな応用を利かせられる。

Artist's conception of GPS satellite in orbit

Image via Wikipedia

ということで昨年、携帯GPSライフログサービス「キセキ」で注目したロケーションベースサービスが今年爆発しそうな感じだ。
「キセキ」ではライフログ機能に関しては合格点、但しロケーションベースサービスとしてはいまいちな状況であったが、海外では盛んになる様子。
うかうかしているとこの分野のサービスでも海外に持ってかれるよ。
折角日本は携帯端末が多機能、高機能なんだから世界に打って出ればいいのに。本当にガラパゴスだなぁ。

Reblog this post [with Zemanta]
カテゴリー: GPS, テクノロジー, 携帯電話 タグ: , パーマリンク