iMODE HTMLシミュレータIIとウィルスセキュリティZEROの相性問題は解決

以前、
iMODE HTMLシミュレータIIとウィルスセキュリティZEROの相性問題
の記事でiモードシミュレータとウィルスセキュリティZEROの相性問題(DLL:K7WSLsp.dllとソフトウェアの相性)があり、実行できないと伝えていたが、今週くらいのアップデートで問題が解決した様子。
今は無事実行できるようになっています。確認できない方はアップデート後の再起動をしていないと思うので再起動してから確認してみて。
ウィルスセキュリティZEROですが、他に目立った問題としてメール取得時の問題があると認識しているものの頻繁なアップデートで着実に問題解決しているようす。
メール取得時の問題が無くなれば、軽いし安いしいい感じだよね。
ちなみにメール取得時の問題とは、以下のような感じ。
・3日以上メールを取得しないような場合で大量のメール(2000~3000通程度)を受け取っているとずーっと通信状態になりメールが取得できない。
去年の年末から会社の方はスパム対策アプライアンス(matriXscan)を導入してからというもの1日1000通程度(そのうち約7割、つまり700通がスパム)だったので3日程度の連休後は上記問題が発生していた。スパム対策アプライアンスを入れてからは300通程度しかこなくなったので問題が発生しなくなった。
ウィルスセキュリティZEROはオススメです。

カテゴリー: PC パーマリンク