珍しい深海サメ「メガマウス」が東京湾に漂着

珍しい深海サメ「メガマウス」が東京湾に漂着

千葉県市原市の東京湾で19日夜、世界でも約20例しか確認されていない珍しい深海サメ「メガマウス」の死体が漂着しているのが見つかった。
同博物館によると、見つかったメガマウスは体長5・63メートル、重さ約1トン、口の直径は1・15メートルとこの種では世界最大。メガマウスは太平洋や大西洋、インド洋などの熱帯から温帯にかけて生息。昼間は水深120―170メートルで遊泳し、夜間は水中のプランクトンを追って、水深10―20メートル付近まで浮上する。

でかいね~、こんな死体が漂流したら・・・こわいね。

カテゴリー: 海の生物 パーマリンク