ウミガメの追跡調査で15匹放流

ウミガメ15匹を放流へ 潜水深度も計測、3回目(共同通信)

ウミガメの回遊経路について米・海洋大気局(NOAA)と人工衛星などを使って共同で追跡調査している名古屋港水族館(名古屋市)は23日、新たに15匹を太平洋に放流する。

装置をつけて放流するのは一見かわいそうだけど、この回遊経路調査によって生態が分かり保護できればいいね。
しかし海でもし装置をつけたウミガメを見かけたら、ちょっとドキドキ(新たな兵器かと思ったり?)するかもね。
勘違いされないように優しい感じの装置であることを祈るよ。

カテゴリー: 海の生物 パーマリンク