千葉でウミガメの卵

台風逃れふ化、ウミガメの赤ちゃん海へ 千葉・鴨川

卵は6月中旬、市内の待崎川の河口で110個見つかった。接近中だった台風6号の高波にさらわれるのを恐れ、同館が保護し、人工砂浜に移されていた。7日朝に一部が孵化(ふか)したため、海に帰された。

もっと海をきれいにしてウミガメや他の生物が住めるようにしたいね。
もちろん自然の摂理に任せるのがいいんだろうが、自然を壊している人間に取ってはこういうある程度の保護は必要なんじゃない?
皆さんも海を大切に!

カテゴリー: 海の生物 パーマリンク